スポーツ外傷について

スポーツをすううえで練習や試合でのケガが多いですね。練習ではケガの予防が大事ですし試合では最大のパフォーマンスが発揮できるように調整したいですね♪

外傷で大事なのは、冷却・安静・固定・機能回復。特に機能回復と炎症をとるための深部冷却は重要ですね。当院では、スポーツ外傷に悩む学生さんや社会人になってからのスポーツ障害による痛み及びパフォーマンスの向上を目的に施術をしていきます。

手技も研究だけにとらわれず特殊機器を有効に使えるように勉強会をしております。最近では、アスリートの環境にあわせて試合で有効なストレッチやトレーニングの方法など研究しております。
将来、夢がありプロ選手やオリンピック選手を目指したい学生さんを応援しております。
その他に社会人・主婦などのアプローチに対し、幅広い技術・経験を持っているのでお悩みの方は、ぜひご相談してください♪
最近ではスポーツの現場で役に立つテーピング(従来のテーピーングの概念と違う)を実践して、これから成長するであろう中学生や高校生や大学生に喜ばれています。
現在、アキレス腱の痛みや足首の捻挫など全力で走れないアスリート予備軍にオススメです。
お問い合わせください。
最近でも怪我にも負けず100kmマラソンを無事に完走して喜びの声をいただきました♪
みなさんの生の声を了解を得てのせています。→
クリックしてみてください

 

困ったときは044-797-0042 ナクナゼロゼロヨーツーまで

■よしだ整体院(武蔵新城本院)のHP
http://www.yoshida-seitaiin.com/

■よしだ鍼灸院(武蔵新城本院)のHP
http://www.yoshida-shinkyuin.com/

■よしだ整体院 菊名分院のHP
http://www.yoshida-seitai.com/

■よしだ鍼灸院 菊名分院のHP
http://www.yoshida-seitaiinn.com/

 

 

帯状疱疹について。。。

こんにちは。山形県を愛する整体師鍼灸師の吉田です♪

今日は帯状疱疹について書いていきますね。。

最近の現代人に増えてきている帯状疱疹

そもそも子供の頃に水疱瘡にかかったかたなら誰でもなる可能性がありウイルスが体内の神経節に潜んでいる状態だからです。
帯状疱疹の引き金になりやすいのはやはり免疫に関係してか加齢によるものが断トツに多いですね。
その他にも個人差がありますが家庭育児のストレスや仕事のストレスを長きにわたって体をいたわる時間もないような頑張りすぎた方が運悪く免疫が低下してしまい帯状疱疹になることがあるようです。

皆さんのお友達や知り合いや身内の方でも帯状疱疹になった方がいますか?
かなり個人差があって帯状疱疹になっても痛みがない方もいれば医者や私たち施術家が気をつけなければいけない合併症なんかもあります。

例えばラムゼハント症候群は専門の医師の所で治療を受ける必要があります。(最近ではペインクリニックに行かれる方も多いかな?)
症状としては耳鳴り難聴がでやすいと言われています。
それと耳の所に赤いブツブツができていたらそのままにしておくと顔面神経麻痺にもつながる症状なので自己判断しないことが大切ですね。

もし鍼灸が活躍できる場面があるとするなら、帯状疱疹後神経痛や顔面神経麻痺のときはお近くの鍼灸院に相談してみると良いと思います。
鍼灸+専門の医師とのコンビネーションで症状にアプローチできたら理想ですね♪
あとはスーパーライザーという自律神経を調節できる治療器も帯状疱疹緩和にアプローチの方法がありますね

最後に帯状疱疹による日常の注意点は
水ぶくれを破らないようにすること→破ると細菌感染が起こりやすくなる為
水疱瘡をやっていない赤ちゃんにもなるべく近づけないようにすること→水疱瘡発症リスクががある

総括すると日常の心がけでストレスは1にも100に変化しますよね?
みなさんのストレス解消方法はなんですか?
時間がある時にさらなる勉強と情報収集のために会話してみたいとおもいます。
また会話のなかでよいテーマがあればそれをテーマにブログを更新してみたいと思います。

また次回会いましょう♪

■よしだ整体院(武蔵新城本院)のHP
http://www.yoshida-seitaiin.com/

■よしだ鍼灸院(武蔵新城本院)のHP
http://www.yoshida-shinkyuin.com/

■よしだ整体院 菊名分院のHP
http://www.yoshida-seitai.com/

■よしだ鍼灸院 菊名分院のHP
http://www.yoshida-seitaiinn.com/

 

頭痛について!!

こんにちは。山形県を愛する整体師鍼灸師の吉田です♪◇

今日は頭痛(片頭痛)について書いていきますね。

現代人に多い頭痛

梅雨の時期は特に頭痛が多いように思います。みなさんは頭痛どうですか?頭痛もタイプ別に大きく分けると3つあります。

1. 片頭痛
2. 緊張型頭痛
3. 群発性頭痛

このなかで片頭痛は若年から壮年の女性に多いのが特徴です。
前駆症状として閃輝暗点(せんきあんてん)と言って視界に光がチラチラとして物が見えにくくなる事があります。
要因としては心理的なストレスなどにより一側性の前・側頭部の拍動性頭痛が長いときで数時間起こることがあります!
それにともない悪心・嘔吐・下痢・めまい・音に過敏になったりして非常にストレスがたまり辛いですよね!

頭痛で来院される方の多くは強い肩こりや首の痛みがあり、整体の技術で改善に向かうように調整したり、筋繊維の深い所や筋膜に以上な張りがある場合は鍼灸もかなり有効だと思います。
さらに消化器にも異常がある場合は自律神経にアプローチするお灸などは本当に気持ちいいしオススメしたい技術ですね。
もちろん個人の体質や病歴によりできない場合があるのでしっかりとした問診は欠かせないです。

そうそう
頭痛で注意しなければいけないのは、突然の激烈な後頭部痛があり髄膜刺激症状などがあるとかなり危険なので早めに病院での診察が必要ですね。
いくつか検査方法がありますが、代表的なのが項部硬直でこれは仰向けで頭部を持ち上げると筋の抵抗が強かったり、ブルジンスキー徴候といって頭部屈曲時に股関節・膝関節が自動的に屈曲がおこるなど鑑別が必要になります。

総括すると普段何気ない違和感でも気をつければ防げるものもあるし、ほっとくと危険な症状につながるものもあるので、自分にあった日常のケアが重要になりますよね♪
私にとっての健康管理は酸素カプセルをたまに入るのが気持ちもリラックスするし体の疲れがとれますね
もちろんたまに複合的に体の調節もしてもらってます

お互い体を大切にして健康を保っていきましょう。

また次回会いましょう♪

■よしだ整体院(武蔵新城本院)のHP
http://www.yoshida-seitaiin.com/

■よしだ鍼灸院(武蔵新城本院)のHP
http://www.yoshida-shinkyuin.com/

■よしだ整体院 菊名分院のHP
http://www.yoshida-seitai.com/

■よしだ鍼灸院 菊名分院のHP
http://www.yoshida-seitaiinn.com/

頭痛・肩こり・吐き気の施術について感想の声をいただきました → クリックしてみて下さいね