転院(交通事故治療)について

交通事故の転院について更新します。

交通事故の転院についていくつかパターンがあります。

①初回に救急病院のあと2~3日たってから転院した。

②2週間くらい経過し病院又は接骨院・鍼灸院で治療をしていたが短い時間の治療しかしてもらえず少しも治る気配がないので転院をした。

③痛い所にアプローチしてもらえないので転院をした。

④病院で待ち時間があり土日祝日がやってないので転院をした。

⑤交通事故の負傷部位について親身に話をしてくれないし聞いてくれないので転院をした。

などなど。。。。。

トータルで大事なのは、交通事故にあった負傷部位に対して説明と同意が重要であり整形外科で負傷部位の認定をしてもらい投薬と診断を整形外科の医師に担当してもらい、細かいリハビリを丁寧に時間をかけて鍼灸整骨院などに担当してもらうのがベストの関係ですし患者さんの精神的負担が少なくすむと思います。理由としては、保険会社担当者様に対して医学的に医師に負傷部位を認定してもらうのが保険会社様とのトラブルや誤解を防ぐことになり安心して交通事故のリハビリが通院しやすくなるように思います。

よしだ鍼灸整骨院では、チーム医療を大事にしていますので患者様が通院しやすい環境を整えていますのでお悩みのかたはぜひご相談してみてください。

興味があれば転院のページをクリックしてみてください → 転院ページクリック